調整

ここ数週間、歩行困難なギックリ腰の患者さんや風邪気味をうったえる患者さんが目立ちます。

東洋医学だと、秋は夏の疲れをとり冬への体力を備える調整の時期です。

しかし、調整が上手くいかないと風邪(咳き風邪)・腰痛が出てしまう方がいます。

整体などで対処する時間が作れない方などは、へそ周りとその真後ろの腰を温めるようにするとセルフケアできます。

* 上記のように疲れが極端に出た時などは別ですが、基本は『温める』より『冷やさない』方向でケアーしていくのがオススメです。



なんか凄い久し振りに整体師らしいコメントを残した気がします。(大した内容ではないけど・・・)

ちょっと照れくさいです(笑)

トラックバック
この記事のトラックバックURL