旧騎西高校避難者 ボランティア整体

エコノミー症候群・床ずれ・腰痛等、避難所生活にはジワジワ健康を害してゆくものが多いです。

ただ、避難当事者の方々は、今後の不安でこれらの症状に鈍感になっている場合があります。

職業的に、それらの事が心配です。

そこで、加須市にボランティア登録をさせて戴きました。

しかし、ボランティアの登録システムは、被災者からの要望があったら要請がくるかたちです。

正直、TVでもエコノミー症候群対策を放映しているくらいなので、大切な事ですが、恐らく被災者の方々はエコノミー症候群・床ずれ・腰痛をボランティアの整体で回避する概念がないと思います。

ボランティア整体の存在も浮かばないと思います。

もし、このブログ・ツイッターを被災者・被災者関係者の方が見ていたら、ボランティアの整体が存在すると伝えて戴けましたらと思います。

阪神・中越の災害時も、整体のボランティアは存在しているので、整体と言う天災時にはあまりお役に立てないボランティア内容ではございますが、症状の緩和・改善・リラックス効果などで、震災の不安感等から少しでも解放され、皆様のお役に立てれば幸いです。




すみとの整体院

頭痛・首痛専門情報サイト

おすすめホームページ作成ソフト


トラックバック
この記事のトラックバックURL